愛車をスポーツ仕様にするなら

gf1120107989w

愛車をスポーツ仕様にするなら、改造するのが基本となりますが、どこまでこだわるかというのがポイントとなっていきます。
スピードにこだわり馬力をあげエンジンを載せ替えるということをすると燃費が天井なしに上がっていきますし、足回りをレース仕様にすると日常の使用にまったく向いていないため乗り後心地は最悪です。
また軽量化のためにボディから様々なものを取り外すのは基本なのですが、カーステレオを外せば音楽が聴けなくなりますし、電動装置を外せば外すほど日常においては使いづらくなります。
それでいて、いくら改造しても日常使用を基本として作られたものはメーカーの専門家たちがレース仕様として設計して作られたスポーツカーには太刀打ちできません。
一番良いのはそういったレース仕様の物をはじめから購入しそれに改良を加えてレース仕様にするということですが、そうなるとし価格や費用はとんでもないものになりますし、日常の足としては使いにくかったり改良の度合いによっては検査に通らないため公道を走れなくなったりします。
日常の足とレースの両方を目指すか、日常の足を主軸として雰囲気だけでもレース仕様にするのか、レース専用のセカンドカーとするのか、とどこまで改良にこだわるか、というのが問題になってくるのです。

TOPへ戻る